よくあるご質問  営業拠点  メーカーのページへ
会社概要 事業内容 CSR活動 採用案内 カタログ請求 Link
CSR基本方針
社会貢献活動
環境への取り組み
安全への取り組み
反社会的勢力排除宣言
お知らせ
HOME > CSR活動 > 環境への取り組み

環境方針
  • 当社が行う産業車両・物流システム及びその他の機器の販売とサービス活動について、
    環境影響を予測し、評価し、環境安全活動の積極的、継続的改善を推進し、汚染の予防に努める。
  • 国、地方公共団体等の適用可能な法的要求事項と、協定・業界規範等で当社が同意した事項を順守し、
    必要に応じて自主基準を設定し、環境保全に努める。
  • 地球環境を守るため、省エネ・省資源・廃棄物の削減、
    汚染(大気・水質・土壌)・騒音・振動・悪臭防止活動など、
    環境目的及び目標を具体的に設定し、実施し、定期的にレビュー維持する。
  • 社員及び組織のために働くすべての人が、環境保全に取り組むことができるよう、
    環境教育、啓発活動を実施して 環境保全意識の周知・徹底を図る。
  • 地域社会との協調・共生を図り、環境保全に積極的に貢献する。
  2016年 6月 28日
代表取締役社長
浅井 裕章

ISO 14001 認証取得状況
2003年9月 ISO14001キックオフ
2004年8月 本社、港営業所、八王子営業所、八王子物流センターにて
ISO14001認証取得
2005年8月 大田営業所、江東営業所、板橋営業所にて追加取得
2006年8月 京浜島営業所、多摩営業所、清瀬営業所にて追加取得
2008年8月 足立営業所にて追加取得

ISOの審査認証機関については、こちらのホームページを御覧ください。
  →  一般財団法人 日本自動車研究所 認証センター(http://www.jari-rb.jp/)


ISO14001認証を維持するため、サーベイランス審査、更新審査を毎年行い、地球環境保全に努めています。

ミーティング

オープニング、クロージング
ミーティング

書類審査

事務局の審査

現場審査

油水分離層のチェック

■ 環境教育・委員会 ■ 内部環境監査
定期的に環境教育や委員会を実施。
環境への取り組みや省エネ活動などをテーマにしています。
社内にて編成した監査員チームにて、EMSの実行計画と
実施内容を確認しています。

環境推進委員会の会議
■ L&F販売店 ISO情報意見交換会の開催 ■ 騒音測定
各L&F販売店のISOの取り組み活動についての情報交換や審査の際の指摘事項やアドバイスを共有することで、ISO活動のレベルアップに努めています。 騒音計を使用して、年に2回工場の騒音を測定。
近隣住民の皆様に、ご迷惑かけない様、定期的に調査を実施しています。


■ 産業廃棄物業者の現場確認 ■ 工場排水の水質検査
排出事業者の責任として、産業廃棄物業者を定期的に訪問し、許可の条件及び期限や収集運搬・処分の区分を確認しています。 各拠点の工場排水を採取し、業者に分析依頼。
水質検査を定期実施することで、環境に配慮した水質管理を行っています。
■ 地下廃油タンク漏洩検査 ■ リサイクル活動
地下タンクの漏えい事故は広範囲の土壌汚染に繋がります。
精密で適正な検査を、実施しています。
当社で発生する廃棄物を、再資源化する為、紙などを
分別し、廃棄物の発生低減を積極的に行っています。

ゴミの分別置き場
省エネ設備の導入

工場の照明灯をLEDに切り替えを進めるなど、省エネ設備の導入に努めています。

デマンド監視制御装置による節電対策の実施を行っています。


Copyright(C) 2013 TOYOTA L&F TOKYO Co.,Ltd.All Rights Reserved