よくあるご質問  営業拠点  メーカーのページへ
会社概要 事業内容 CSR活動 採用案内 カタログ請求 Link
CSR基本方針
社会貢献活動
環境への取り組み
安全への取り組み
反社会的勢力排除宣言
お知らせ
HOME > CSR活動 > 社会貢献活動

地域への協力活動
■ 品川区と災害時協力協定を締結
 6月6日(木)、品川区は、区内に本社のあるトヨタエルアンドエフ東京株式会社(東品川3-7-6 代表取締役社長 伊藤健治)と、同社が所有するフォークリフトを活用した災害時協力協定を締結しました。
 この協定は、民間物流事業者が持つ資源を活用し、発災時に避難所へ円滑かつ迅速に支援物資を供給する体制を強化することを目的としています。

 平成24年9月に国土交通省関東運輸局が立ち上げた、「首都直下地震等に対応した支援物流システムの構築に関する協議会」において、末端の避難所までの物流に関する調査が実施されました。この調査により、教育施設や区役所庁舎など区内6カ所に設定している救援物資受入れ施設は、一般区民の避難所が併設された学校や屋根のない駐車場等であり、風雨の対策や荷役機材等の運用が難しいと指摘を受けました。

 そこで、臨海部に位置し倉庫などの物流施設が多いという区の地域特性を生かし、今回の協定を締結しました。民間事業者が所有するフォークリフトを活用することによって、災害時に届く大量の支援物資の受入れを少人数・短時間で行い、末端の避難所まで迅速に供給することが可能となる見込みです。

 品川区では、さらなる支援物資供給体制の強化のため、フォークリフトを所有する区内商店などの事業者とも協議を進めているほか、近隣の事業所に協力を呼びかけて荷降ろし作業場所の確保にも取り組んでいます。
 今後も、民間企業・事業所の持つ施設・資機材・人材・ノウハウを最大限に活用し、地域全体の防災力向上に努めていきます。

―― 以上、品川区 区役所ホームページより引用
品川区役所ホームページへ
該当記事へ
■ 旧東海道の空き店舗を活用したブックカフェの搬入作業に協力
 8月1日オープンに向けて、旧東海道沿い・北品川にある空き店舗でブックカフェの工事が進められています。このブックカフェは、空き店舗を有効活用しようと、地元の北品川商店街の協力のもと、株式会社しながわ街づくり計画が企画しました。

 約2年前に閉店したという空き店舗の1・2階を改装し、同地域で古書店「街道文庫」を営む田中さんが所蔵する書籍 約4万冊の中から、常時1〜2万冊を展示販売する予定。貸し出しも行うほか、コーヒーを飲みながら読書することも可能にします。全国の街道について書かれ たものや、日本各地の歴史・文化を取り上げたものが多く、しながわ街づくり計画の佐藤 代表取締役は、「かなりマニアックな地域情報も知ることができます。かつて品川宿だったこの場所で、出会った本をきっかけに、各地へ旅に出かけてもらえた らうれしい」と、オープンに向けた思いを語りました。

 6月25日(木)には、1階奥のキッチン・カウンタースペースに使用する白レンガ 約1,000枚が搬入され、トヨタL&F東京株式会社(東品川3-7-6)が積み降ろし作業に協力しました。同社は、平成25年6月に品川区と 「災害時協力協定」を締結したほか、同12月に発足した「国道15号線徒歩帰宅者支援対策協議会」に参画するなど、積極的に地域貢献活動に取り組んでいま す。今回は、品川区から相談を受けると、地域貢献の一環として、フォークリフト・ハンドパレット各1台などを無償で貸し出すことを快諾。同社CSR・安全 推進室の箕輪 室長は、「協定や協議会をきっかけに、区や地域とのつながりが深まった。今後も、協力していきたい」と話しました。

 また、搬入された白レンガは、品川リフラクトリーズ株式会社(本社:千代田区)から無償提供されたもの。同社は、明治20年(1887)から品川区目黒川 沿いで国産の耐火レンガを製造した品川白煉瓦株式会社をルーツとし、今回は、当時、実際に製造された「SHINAGAWA」と刻印のある貴重な白レンガ3 枚も特別に贈呈しました。

 その他、本棚などに使用する間伐材は、品川区と「ふるさと交流協定」を結んでいる早川町が参画する「やまなし水源地ブランド推進協議会」から提供される予定です。

―― 以上、品川区 区役所ホームページより引用
品川区役所ホームページへ
該当記事へ

2016.03 〜
ケーブルテレビ品川の番組にて、こちらの内容が紹介されました
 ケーブルテレビ品川のPickupページへ

■ 中学生の職場訪問 ■ 小学生のマラソン大会
中学生の会社見学を受入れ、当社の工場整備作業などを見てもらい、将来に役立つ活動を行っています。 車両の出入りが多いので、パイロンと誘導員を設置し安全確保に努めています

工場見学

誘導員による安全確保
■ お客様への安全教育 ■ お客様への安全運転講習
お客様よりのご依頼により安全作業教育を行い、安全作業環境の構築に協力しています。 お客様の現場にお伺いして、作業の際の危険要因、事故防止のための、安全運転講習を行っています。

お客様への安全教育

お客様の現場での安全運転講習
■ こども110番の家 ■ ちょこボラ募金
子供達が危険に遭遇したり、困りごとがあるとき安心して立ち寄れる民間協力の拠点として、子供達の安全を見守っていきたいと思います。 豊田自動織機グループ全体が社会貢献活動として、「ちょこボラ募金」を実施。
東日本大震災で被災された方々への生活支援のための募金活動に参加しています。
■ 福祉活動 ■ 地域清掃
ペットボトルキャップや使用済み切手などの回収を行い、関係機関へ寄贈し、福祉に役立てています。 環境保全の一環として、全社で周辺清掃を実施。
周辺地域の美化に貢献しています。

ペットボトルキャップの回収状況

清掃活動
■ 品川区防災まちづくり事業への参加 ■「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」の締結
品川区防災行政に協力し、国道15号線徒歩帰宅者支援対策協議会に参加。
災害時の徒歩帰宅者への支援活動に協力致します。
左記の活動に伴い、東京都と「災害時における帰宅困難者支援に関する協定」の締結いたしました。
詳細および具体的な支援に関しましては、下記画像よりリンク先の東京都のページ、およびその項目3を御覧ください。


「災害時帰宅支援ステーション」ステッカー
■ 交通安全運動の推進 ■ 2014年 秋の交通安全運動表彰
全国交通安全週間では、交差点に立って交通安全の啓蒙活動を行っています。 地域の交通安全運動に協力し
交通事故防止に寄与したことが認められ
表彰されました。

交差点での立哨

地元警察署より表彰
■ AEDを全拠点に設置

■ 社内で献血の実施

AED(自動体外式除細動器)を全拠点に設置しました。
突然心停止状態が発生した場合、どなたでも利用できます。

少しでも社会のお役に立てればという願いのもとに、
今後も継続して献血活動に取り組んで参りたいと思います。


Copyright(C) 2013 TOYOTA L&F TOKYO Co.,Ltd.All Rights Reserved